新着情報News

租税教室の講師をさせて頂きました。

JUGEMテーマ:税理士
 
8月21日 宮古市立西中学校で『租税教室』の講師をさせて頂きました。

「租税教室って何?」
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。
租税教室とは、税務署が小学校や中学校、高校の児童・生徒のみなさんに税金について分かりやすく説明するために開催している教室です。

今回は、3年生のみなさんに税金についてお話させてもらいました。

西中学校のみなさんに説明しています。


税金の種類はどんなものがあるのか。聞いてみました。
「消費税」や「納税」という声が真っ先に上がりました。そのあと「固定資産税」や「重量税」「所得税」という声も上がり、生徒のみなさんが税金について知っていることに驚き、勉強をしてもらっていること、税金について関心をもってもらっていることに嬉しく思いました。


租税教室を行ったときには、生徒のみなさんに一億円を持つ体験をしてもらっています。

一億円を持つ生徒のみなさん

一億円の重さに驚いたり、重くて隣へ渡すのが大変な生徒さんもいて、楽しそうに一億円を持つ体験をしてもらいました。


そして、一億円より反応が大きかったのは、『今後も消費税は増税する』という説明をした時です。
「なぜ、消費税が増税するのか。」
「消費税の増税はなぜ必要か。」
説明していく内に生徒のみなさんが真剣に聞いてくれていることが分かりました。

真剣に話を聞いてもらっている生徒さん


限られた時間ではありましたが、税金について生徒のみなさんへ説明し、少しでも税金について分かってもらえれば。。。と思っています。

宮古西中学校の3学年のみなさん、そして先生方。
このような機会を作っていただき、ありがとうございました。